HOME 事務所紹介 ご依頼・ご相談 商標Q&A 開発型企業の特許戦略について 過去のトピックス
HOME
事務所紹介
ご依頼・ご相談
商標Q&A
開発型企業の
特許戦略について
過去のトピックス

質問 (登録されない商標−地名を商標とした場合)

私は地方の菓子屋ですが、当地の地名、例えば「江の島」を最中に使用したいのですが、使用してもかまいませんでしょうか。また、登録されるでしょうか。



回答

このような質問がよくありますが、地方の地名は菓子に使用することは差し支えありません。
 従って、例としてあげられた「江の島」の使用はできます。その使用形態も「江の島」単独のみならず「江の島最中」など菓子名と結合しての使用も可能です。もっとも、このような「江の島」や「長崎」、「函館」、「清水」などの地名は誰でも使えるということは、他の菓子店が使用するようになっても、先に使用していたのだからといってこれを排除することができないことを示しています。自分も使える代りに、他人も使えるのです。ですから出願しても登録されることはありません。
 従って、地名などは安易に使わずに、登録できる商標を使用するのが望ましいと思われます。使用する場合も登録できる文字、図形等と結合して使用することが好ましく、かつ地名と登録できる文字とを結合することによって地名を含む商標としての登録も可能です。
 例えば「江の島の月」、「函館の想い出」、「清水っ子」、「長崎蘭館」、「長崎天使」などです。
 もっとも、地名の商標に関し、使用なさっている間にその市町付においてきわめて著名になり、その地名を付した商標がA菓子店から出されたものであることが認められるようになりますと、登録できるようにもなります。この場合の“きわめて著名になる”という基準ですが、それは、使用開始時期、使用期間、使用地域、生産、加工、販売、譲渡等の数量、紙上広告、ラジオ、テレビその他の方法による宣伝の方法、回数、内容から総合的に判断され、それを裏付けるため、市町付長その他公共団体、商工会議所、同業組合、同業者、商品取引先等の「著名である」との証明書の提出も強い味方となります。
 平成18年4月1日からは、「地域名と商品名」とからなる文字商標について、事業協同組合等によって使用されたことにより、隣接都道府県に及ぶ程度の周知性を獲得した場合には、「地域団体商標」として商標登録を受けることができます。例えば「夕張メロン」、「草加センベイ」等です。

 前記例の「江の島最中」も多数の菓子店が使用して周知性を獲得していれば、事業協同組合が出願人となり、「地域団体商標」として登録を受けることができます。
 なお、「地域団体商標」については、第30問に詳しい説明があります。

Copyright 2009 Ohnuki & Kotake International Patent Office. All Rights Reserved. 各ページに掲載の写真・記事の無断転載を禁じます。