HOME 事務所紹介 ご依頼・ご相談 商標Q&A 開発型企業の特許戦略について 過去のトピックス
HOME
事務所紹介
ご依頼・ご相談
商標Q&A
開発型企業の
特許戦略について
過去のトピックス

質問 (商標登録出願をするにあたって一商標調査)

商標登録出願をしようと思い、ある有名な菓子店の社長に尋ねましたところ、文字の場合は調査した上で出さないと、登録にならないことが多いと聞きました。調査はどういう方法で、どこで行なうのでしょうか。



回答

現在、お菓子の商標は優に20万件はあると聞いておりますので、「富士」、「さくら」など、使用されやすい商標はほとんど登録になっており、限られた商標しか登録される可能性がありません。そのため、これから出願なさろうとする商標は必ず登録されているかを調査の上、出願されたほうが賢明かと思います。
 商標の調査は、現在では文字商標のみならず図形商標、立体商標についても可能です。調査方法は、特許庁のホームページに商標の検索が出来るサイトがありますので、インターネット経由でコンピュータ検索します。その使用の仕方は容易ですが、既登録商標との類似か非類似か否かの判断は難しいものです。従って、弁理士に依頼して調査してもらって出願するかを決めることをお薦めいたします。
 調査の結果、同一又は類似の商標がない場合には、登録の可能性は高いものと思われます。

Copyright 2009 Ohnuki & Kotake International Patent Office. All Rights Reserved. 各ページに掲載の写真・記事の無断転載を禁じます。