HOME 事務所紹介 ご依頼・ご相談 商標Q&A 開発型企業の特許戦略について 過去のトピックス
HOME
事務所紹介
ご依頼・ご相談
商標Q&A
開発型企業の
特許戦略について
過去のトピックス

質問 (商標登録出願一商標を取得する費用)

商標を取得する費用は、どのくらいでしょうか。また弁理士が代理してくれるとのことですが、どのくらい請求されますでしょうか。権利の取得を確実にする上で、弁理士にお願いしたいと考えております。



回答

弁理士は、商標に関する全ての手続を代理してくれますので、お願いした方が確実なる権利の取得に力を貸してくれます。
商標権を取得する費用は、大別して特許庁に支払う費用と、弁理士に支払う費用とがあります。しかも出願時と登録時とに分けられます。
例えば1つの類(区分)を出願したとしますと、当所では、出願時に、特許庁に支払う費用(印紙代)として12,000円と、弁理士に支払う費用(出願手数料)として58,000円、電子出願料1,800円とがかかり、総額で71,800円となります。
そして、登録時に、特許庁に支払う費用(登録料)として、37,600円と、弁理士に支払う成功報酬として45,000円、納付手数料15,000円、更新管理料15,000円とがかかり、総額で112,600円となります。
出願手続中には、特許庁から法律に従った手続を要求されることが多々あります。最も多いものは、登録を認めないとする拒絶理由通知書で、それに反論する意見書、手続補正書の提出が必要な場合などにも費用がかかります。ちなみに、意見書、手続補正書の提出に各々60,000円程の手数料が必要となります。
なお、法律上多くの手続が要求され、また必要となる場合もあり、その際には費用が発生しますので、その都度お尋ね下さい。

Copyright 2009 Ohnuki & Kotake International Patent Office. All Rights Reserved. 各ページに掲載の写真・記事の無断転載を禁じます。