HOME 事務所紹介 ご依頼・ご相談 商標Q&A 開発型企業の特許戦略について 過去のトピックス
HOME
事務所紹介
ご依頼・ご相談
商標Q&A
開発型企業の
特許戦略について
過去のトピックス

質問 (出願から登録までの手続−登録異議申立)

商標登録出願の商標について、おかげさまで登録となり、やれやれひと安心と思っていたところ、ある大手の製造会社から、この商標は既登録の商標と類似しているため登録できないものであるとの異議申立を受けました。異議申立とは何でしょうか。その対策をお願いします。



回答

異議申立というのは、商標公報に登録商標を一定期間掲載し、その商標登録に異議がある者に申し立ての機会を与えることによって商標登録に対する信頼を高めようとする制度です。この異議申立があった時には、まず審査官が登録の取消をするのが妥当か否かを検討します。
 そして、審査官が商標登録を取り消すべきであると考えた場合にのみ、商標権者に対して取消理由通知が発送されて、商標権者は異議申立に対して反論を述べることができます。この反論理由について適切な内容が書けない場合には、専門家である弁理士に相談してもよいでしょう。尚、審査官が異議申立の理由が妥当でないと判断した場合には、商標権者に事前の通知することなく、商標登録維持の決定をしてくれます。

 

Copyright 2009 Ohnuki & Kotake International Patent Office. All Rights Reserved. 各ページに掲載の写真・記事の無断転載を禁じます。