HOME 事務所紹介 ご依頼・ご相談 商標Q&A 開発型企業の特許戦略について 過去のトピックス
HOME
事務所紹介
ご依頼・ご相談
商標Q&A
開発型企業の
特許戦略について
過去のトピックス

質問 (商標権−商標権とは)

当社は商標権を所有していますが、商標権とはどのような効力を有する権利なのでしょうか。



回答

商標法は、「商標権者は、指定商品(指定役務)について登録商標の使用をする権利を専有する。」(商標法第25条)と定めています。
指定商品「菓子・パン」について、「グリコ」なる商標の登録を受けている者は、登録商標「グリコ」を商品「菓子」について、自分だけが独占的に使用する権利が認められています。この権利が「専用権」と呼ばれるものです。
したがって、第三者が「グリコ」なる商標を商品「菓子」について使用した場合には、これを禁止、排除することができます。
 さらに、商標法は「指定商品(指定役務)についての登録商標に類似する商標の使用又は指定商品若しくは指定役務に類似する商品若しくは役務についての登録商標若しくはこれに類似する商標の使用は、当該商標権を侵害するものとみなす。」(商標法第37条第1号)旨を定め、類似商標、類似商品(役務)の範囲まで「禁止権」を認めています。
しかも、これだけに止まらず、「専用権」、「禁止権」の侵害につながる予備的な行為をも商標権の侵害とみなす(商標法第37条第2号〜第6号)ことによって商標権者の保護を図っているのです。

 

Copyright 2009 Ohnuki & Kotake International Patent Office. All Rights Reserved. 各ページに掲載の写真・記事の無断転載を禁じます。