HOME 事務所紹介 ご依頼・ご相談 商標Q&A 開発型企業の特許戦略について 過去のトピックス
HOME
事務所紹介
ご依頼・ご相談
商標Q&A
開発型企業の
特許戦略について
過去のトピックス

質問 (権利侵害−警告の仕方)

私は登録商標を有して現在商品にその商標を使用しております。ところが、ある同業者がこの商標と同一の商標を使用している事実が最近判明しました。当方には全く無断で使用しており、大変に憤慨し、警告をしたいと思っておりますが、具体的にどのような方法で行なえばよいのでしょうか。



回答

まず、貴殿の商標権が存続しているかどうかについて、「商標原簿」等で確認しておく必要があります。特に登録されてから10年以上経過している場合など、更新登録手続をしませんと存続期間が切れてしまいますから、登録が継続しているかどうか必ず確認することです。
 商標登録の確認が済んだら、次に相手方の使用商標について商標の使用態様、使用商品(登録されている“指定商品”内のものかどうか)などを調査してください。その上で貴殿の登録商標と相手方の商標が類似しているかどうか判断するのです。この場合、専門家に依頼されることが良いでしょう。こうして「類似している」との判断がなされたなら、相手方に警告を出してください。
 警告の形式に定まったものは別にありませんが、
1.貴殿が登録商標を有していること
2.この登録商標と相手方が使用している商標が類似していること
3.使用を差し止めてもらうこと
4.この警告書に対して返答をもらうこと
 以上を述べていただければよいのです。この警告書は内容証明郵便としておいてください。
返答をもらうことを記述してありますから、いずれ相手方からの答があるでしょう。そして警告内容が実行されたかの調査をしておく必要があります。警告後しばらくたってからも、相変わらず使用している場合には、法律的手段にたよらなければ解決されないと思われます。その際は専門家の弁理士に相談してください。

Copyright 2009 Ohnuki & Kotake International Patent Office. All Rights Reserved. 各ページに掲載の写真・記事の無断転載を禁じます。