HOME 事務所紹介 ご依頼・ご相談 商標Q&A 開発型企業の特許戦略について 過去のトピックス
HOME
事務所紹介
ご依頼・ご相談
商標Q&A
開発型企業の
特許戦略について
過去のトピックス

質問 (権利侵害−不正競争防止法による商標の保護)

私はある商標について10年間も使用しております。ところが、先月より、隣村の同業者が同じ商標を使用し始めました。この同業者に対して、私は警告を出せるでしょうか。ちなみに、当方は昭和25年から営業しており、当市及びこれに隣接する市町村においてはかなりの著名度を持つ菓子店と自負しております。問題の商標も長期の使用により良く知られていますが、登録出願はしておりません。



回答

貴殿の場合のように、登録されていない商標については、特定の条件を満足させる場合以外は、積極的に他の使用者に使用の禁止措置をとることができません。したがって、使用されている商標は、必ず登録をしておくよう心がけてください。
 さて、貴殿の使用されている商標が、貴殿のご主張の通りに著名である場合についてお答えします。
 登録されていない商標でも、著名であることが認定されれば、この同業者に対し警告するなど、使用の禁止を請求できます。著名であることの認定は、使用期間、使用方法、態様、販売量等から判断されます。貴殿の使用商標がはたして著名な(周知の)商標であるかどうか、いま私には判断する材料がありませんが、著名であることが認定されれば、商標法上からでなく、不正競争防止法によって保護されますので、同法第2条第1項第1号および第2号に基づいて、使用の禁止が請求できますし、また、営業上の利益が害されたときは、同法第4条に基づき損害賠償の請求ができます。この「警告」は、書面により内容証明郵便としてください。しかし、警告前に、相手方の使用している商標、使用商品、数量などを把握しておくことが必要で、貴殿の商標と相手方の商標との類似判断の点も含めて、やはり専門家によく相談された方が無難でしょう。

Copyright 2009 Ohnuki & Kotake International Patent Office. All Rights Reserved. 各ページに掲載の写真・記事の無断転載を禁じます。