HOME 事務所紹介 ご依頼・ご相談 商標Q&A 開発型企業の特許戦略について 過去のトピックス
HOME
事務所紹介
ご依頼・ご相談
商標Q&A
開発型企業の
特許戦略について
過去のトピックス

質問 (更新登録制度−更新登録とは)

商標権は10年ごとに更新登録をしなければならないと聞いておりますが、この点でお伺いします。
1.更新登録制度とはどのような手続でしょうか。
2.登録の年月日は平成17年10月18日です。



回答

商標権は永久権といっていますが、更新しなければ消滅することになっています。従って商標権者は商標の更新の手続をしなければなりません。
 更新登録を受けるには、特許庁長官に更新登録申請書を提出しなければなりません。この申請書の提出はいつでも良いというものではありません。したがって、この質問者の商標権の更新期間は平成27年4月19日から10月18日までの間までが通常期間です。尚、前記更新期間を過ぎても原則6ヶ月以内であれば更新登録申請を行うことはできますが、その場合には、特許庁への更新登録料が倍額になりますので、やはり前記期間内に必ず更新登録申請を行うよう、充分な注意が必要です。
 更新登録申請書に記述する内容は簡単です。まず、商標登録の番号、更新登録申請人、代理人(代理人によらない場合は書く必要はありません)、更新登録申請の特許印紙は上述の通常の更新期間内4万8千5百円ですので、願書の上方に貼り、割印はしないでください。

 

 

  特許印紙


 (48,500円)

【書類名】 商標権存続期間更新登録申請書

【提出日】 平成○○年○月○○日

【あて先】 特許庁長官 殿

【商標登録番号】 商標登録第○○○○○○号

【更新登録申請人】
【住所又は居所】 東京都○○区○○町○丁目○○番地

【氏名又は名称】 □□□□株式会社

【代理人】
  【識別番号】    100069073
  【弁理士】 
  【氏名又は名称】  大貫 和保

 

Copyright 2009 Ohnuki & Kotake International Patent Office. All Rights Reserved. 各ページに掲載の写真・記事の無断転載を禁じます。