HOME 事務所紹介 ご依頼・ご相談 商標Q&A 開発型企業の特許戦略について 過去のトピックス
HOME
事務所紹介
ご依頼・ご相談
商標Q&A
開発型企業の
特許戦略について
過去のトピックス

質問 (外国での商標の保護−外国での商標権の取得)

当所も大きくなり、製品を外国へ輸出するようになってまいりました。製品名としての商標は日本国内において登録して確保しておりますが、この商標権に基いて外国での保護も求めることができますでしょうか。



回答

 商標権は、登録された国の国内でしか独占的な効力が生じません。貴社が日本国で商標登録しているのでしたら、日本において製品名である商標について、商標権による保護を受けることができます。しかし、外国、例えば米国に輸出する場合において、日本国で取得した商標権に基づいて米国での保護を求めることはできません。
 そこで、商標権を米国において取得する手続をしなければなりませんが、その方法として、使用したい国に直接に商標の出願をする方法と、マドリッドプロトコルによる国際登録出願をする方法との2つがあります。
 後者の国際登録出願は、一般的には日本国での登録商標を基礎として指定した国での商標登録を求めるものです。この国際登録出願により国際登録された場合には、指定国で拒絶されない限り、国際登録日にその指定国で登録されたものとして扱われます。国際登録出願は、指定国から拒絶の通報を受けない限りその国の代理人を選任しなくてもよいため、その分の経費が節減可能な点でメリットがあります。
 尚、日本国での商標登録を基礎として国際登録をすることもできますが、この場合には日本の基礎出願が拒絶になれば国際登録も取消しになりますので、注意が必要です。

Copyright 2009 Ohnuki & Kotake International Patent Office. All Rights Reserved. 各ページに掲載の写真・記事の無断転載を禁じます。