HOME 事務所紹介 ご依頼・ご相談 特許データベース 商標Q&A 開発型企業の特許戦略について 過去のトピックス
HOME
事務所紹介
ご依頼・ご相談
特許データベース
商標Q&A
開発型企業の
特許戦略について
過去のトピックス


ご依頼・ご相談

T.特許出願をするには
U.意匠登録出願をするには
V.商標登録出願をするには
W.ご相談


T.特許出願をするには

 面談の上発明の内容を聞き、明細書を作成し特許出願をしますが、下記するような手順にて行います。

【1】御依頼者が用意していただくもの

@ 発明の内容が記載されている図面で、製造用の図面で充分です。
A 発明の内容を記載した説明書で、発明者が発明の目的、構成、効果等を記したものです。
B 試作品、製造品(用意できれば)

 特に説明書を書いてもらう狙いは、発明者が開発にあたり、技術的困難をどのように克服したか、その具体的構成はどのように作成されたか、そして複数の案があったかなど、発明の特徴点を明らかにするために役立つからです。
 しかし、発明の内容の記載は、難しいものですので、下記のような発明説明書を用意しておりますので、これに添って記述して下されば容易と思います。
 書いてもらう内容の項目として、「発明の目的と従来の技術」では、発明に最も近い公知技術と欠点を示し、解決しようとする事柄を明確にして下さい。
 次に、「発明の構成」では、従来例にない開発技術部分である発明した所の構造を記して下さい。
 最後に、「効果」では、発明が従来技術より特に優れている効果を記述して下さい。

発明説明書

 

【2】打ち合せ

時間を定めて、発明者から発明の開示を受け、当所の者と意見を交換し、出願の方向性を定めていきたいと思います。


【3】明細書の作成

打ち合せ後、当所にて明細書を作成します。その際に、発明の説明書、図面等を再検討し、必要があれば、再度打ち合せします。

【4】明細書原稿送付 

そして、明細書の原稿が出来あがったら、依頼者に送付します。御依頼者側で原稿を検討していただき、必要があれば、訂正し、訂正明細書を再送付しながら、原稿の質を高めて必要で充分なる原稿とします。 


【5】特許庁へ提出 

御依頼会社から、明細書の原稿の通りで特許出願の許可がおりれば、特許庁へ提出します。そして、御依頼人には、特許庁へ提出したと同じ書類及び必要により電子データを御送付いたします。 

【6】なお、当所では依頼があれば、貴社まで出向いて依頼を受けますので、御連絡下さい。

 


U意匠登録出願をするには

 特許出願と同様に面談の上、意匠の図面を作成し、特許出願と同様な手順にて行います。 
御依頼者が用意していただくもの

@ 意匠が表されている物品の図面なり、または現物(試作品、製造品)でも良いです。
A 意匠の内容を記載した説明書で、全体的な形状の変更なのか、又は部分的な形状の変更なのか、または動く部分があるのかなどを記したものです。この説明書が書きにくければ、面談中に言ってもらっても良いです。

 


V商標登録出願をするには

 特許出願と同様に面談の上、出願する商標の特定と、どのような商品について使用するのかを聞いて出願する類を定め、商標登録出願をしますが、下記するような手順にて行います。

【1】御依頼者が用意していただくもの

@ 商標(文字、図形)を付した図面で、パンフレットに印刷したものでも良いです。
A 商標を使用する商品、役務(サービス)がわかるもの。

【2】打ち合せ

商標をどのように出すのか、例えば英文字の場合には称呼を表すカタカナを付すか、文字商標の場合には、標準文字で出願するのか又はデザイン化したもので出すかなど検討します。
また、指定商品(役務)と類別を定めます。

【3】商標出願確認書の送付及び御返送

商標の出願形態(デザイン化)と類別の確認のために書面(商標出願確認書)を御依頼人に送付し、誤りがなければ御返送を願うことにし、出願に誤りのないようにします。
 
商標の出願確認書

 

【4】特許庁へ提出

御依頼会社から、商標出願確認書の御返送があれば、特許庁に提出します。そして、御依頼人には、特許庁へ提出した書類と同じ書類及び必要により電子データを御送付します。

【5】なお、当所では、前記打ち合せを、電話なりFAXにて行うことで、前記面談に代えても良いです。

 



Wご相談

 ご相談には、前もって電話を入れて、相談日時を定めて下さい。その際に必要とされる書類等を御持参下さい。

 

Copyright 2006 Ohnuki & Kotake International Patent Office. All Rights Reserved. 各ページに掲載の写真・記事の無断転載を禁じます。